京都鉄道博物館へ行ってみた


2017年4月になりますが、京都鉄道博物館へ行ってきました。機関車が好きな息子はとても喜んでいましたよ。

平日

幼稚園が年長組以外は休みの日だったため、せっかくの平日休みなので土日は混み合う場所に遊び行こうと考えた結果、鉄道博物館になりました。

去年からマンション購入のために何度も京都駅を通過する度に、連れていきたいな、と思っていました。東京から大宮鉄道博物館はやや遠いし、少し待てば京都鉄道博物館が近くなるのだからとあえてスルーしていました。

そういった思いが積み重なったので、親である私のが楽しみになっていました。

 

入場券はあらかじめ桂川駅の窓口にて購入。これで当日並ばなくて済みます。

そしてそれは正解。

平日にも関わらず開業時間前から券売コーナーは結構並んでいました。一方、入場券を持っている列は10人もいませんでしたので、開業してすぐ入場出来ました。

ちなみに博物館は梅小路公園の西側にあるため、結構遠いです。

この日は初めて市バスを利用しましたが、観光客や地元の方も乗り合うためかなり混んでいました。それでいて各バス停をまわるので駅から公園まで約10分はかかったでしょうか。そしてバス停から博物館まで徒歩5分はかかったので、京都駅から歩いた方が良かったです。

早く梅小路駅が出来てほしいものです。

 

 

館内

1Fは鉄道の展覧、2Fは展示コーナーや体験コーナー、レストラン、3Fは図書館とスカイテラスなど。

この本館の外に、蒸気機関車が並ぶ扇形車庫もあります。

 

入場してすぐの場所で記念撮影。この形の新幹線、懐かしい…

 

1Fの鉄道は特別日以外は中に入れません。子どもはそれが不満のようで、すぐ飽きてしまって2Fへ。

鉄道ジオラマを見たりして、体験シミュレータの抽選結果を待ちました。

体験シミュレータは人気ということなので、人数が比較的少ない朝一番の回に急いで申込したのですが、それでも16/70くらいの確率でしたよ(1度に8人×2回が当選)。

尚、車両は8種類あって、これも当選時に渡される番号札でどの車両になるか決まっています。

私たちは無事に当たり、体験する車両は新幹線となりました。

 

運転手の服が置いてあります。サイズもS・M・Lと小さい子から大きい子まで対応。

 

 

いわゆる電車でGO!みたいなシミュレータ。今回はオートでやりました。

 

シミュレータ出口近くにあった撮影ポイント。

 

終了したのが11時近く。

レストランへ行ったら京都駅や線路が見える窓際の席はすでに埋まっていました。10時時点ではがら空きだったのに、やはり平日と言えども混むのでした。窓際で食事をするのでしたら早めに利用しましょう。

 

食後は3Fのスカイテラスへ。こちらは空いていました。

京都タワー見えるのが良いですよね。

 

 

扇形車庫

電車の窓からいつも見ていた扇形車庫とようやくご対面!

トーマスの影響で、息子は蒸気機関車が好きなのです。SLを見ると「ヒロ!」とキャラクター名で呼んでいるのもご愛嬌。そろそろ間違いを直してあげようかな。

 

 

SLスチーム号にも乗りました。

1回300円。

今まで機関車形の乗り物に色々なところで乗りましたが、これが一番コスパ高いです。

本格的です!

梅小路公園の東側入り口まで走って、また戻る。それだけなのですがとても楽しかったです。

子どももこの日一番のハイテンションでした。

 

 

またまた記念撮影。

無料で撮ってくれますが、同時に係員が撮った写真も販売されています。いわゆるフリーミアムモデルなのですけど、タダで申し訳ないなぁという良心を攻めての商売方法。

ええ、私は新幹線とこのSL、両方を買いましたよ。どちらも1,100円。高ぇ…。

 

出口では当然の如く、売店コーナーがあって、SLのクッキーを買いました。電車のおもちゃも当然欲しがりましたが、帰りにヨドバシカメラで買ってあげると説得しました。そっちのが安いですからね!

 

10時から行って、13時まで遊びました。

子どもがもっと電車好きだったり、文字が読めたらもう少し展示コーナーにいたかも知れません。

 

 

帰り道は梅小路公園内の遊具で遊びました。

東京に較べて遊具があまり豊富でない京都ですが(品川に較べて目黒の公園は駄目だと不満たれていた去年までの自分を叱りたい)、ここはかなり遊べます。

京都駅からもう少しだけ近かったら頻繁に利用したいのですけどね〜。そこだけが残念です。

 

 

 

まとめ

まだ出来て間もない施設なので人気はとても高いです。

平日にも関わらず混み合っていましたし、小学生の遠足もいれば、海外の観光客、いかにも鉄っちゃんらしき大きな子供も見かけました。まさに赤ちゃんから老人まで集う場所なのです。

水族館も近くにありますし公園でも遊べますので、全部を回るのは大変ですが1日この公園内で過ごすこと出来るとは思います。

鉄道好きなら是非行ってほしいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です