海遊館に行ってみた※7/21更新


本日(7/9)は朝から天候が怪しいため室内遊びを検討した結果、引越してから初めて京都を出て大阪の海遊館へ行ってきました。

※結構広くて疲れました。詳細については明日更新しまーす。すみません。(7/9)

 

※※今日からAmazon PRIME DAYじゃないですか!セールチェックに忙しいので更新は明日以降にします。すみません(7/10)

 

ようやく更新しました。

毎日更新しようと思っていましたが、出来ていないことを無理に公開するのはやめます!

ブロガーでも公開日記でもないのですから、質を意識して本数を重ねたいです。

 

 

海遊館

前日の7/8、私は1日予定は入っていたために息子と会えず。こんなこと何年ぶりでしょう?

その罪滅ぼしもあり、家族サービスとして海遊館へ行きました。

 

しかし家からだと遠いというより手間です。

・JR京都線 桂川→大阪(8駅34分)

・JR大阪環状線 大阪→弁天町(4駅9分)

・大阪市営中央本線 弁天町→大阪港(2駅5分)

乗り換え含めて1時間以上でした。

 

大阪までの道のり、意外と田園風景ということにも驚きました。

桂川も決して都会ではありませんが、窓から見える京都市がビルや家だらけなので「山に囲まれてはいるけど緑が少ないなぁ」と呑気に考えていました。全くの見当違い!特に長岡京を出てからは緑一色でしたね。

 

大阪港駅から海遊館までは徒歩5〜7分は歩きましたね。

ここまでで汗びっしょり(海遊館でTシャツ買って着替えましたよ)。

先に食事して(初ココス)、それから海遊館へはあらかじめネットで購入しておいたチケットで入場。

どこの行楽地でもそうなのですが当日券を買う人ってかなりいるので並びます。海遊館も同様に長い列でした。もし予定が決まっているのであれば入場券は先に買うのをオススメします。ネット購入の場合は使用できるのが1時間後となるため、出かける直前か、私たちがしたように購入してから食事で時間調整すれば良いと思います。

 

いざ入場

入り口にて。

知らなかったのですがジンベイザメが海遊館の売りなのですね。

撮影、iPhoneを三脚(ゴリラポッド)で固定しApple Watchのリモート機能でシャッター押したら周囲は歓声を。ふふ、これがApple Watchの凄さや!とついドヤ顔しちゃいました。

 

 

まず8階まで長いエスカレーターで上がり、螺旋状にフロアを降りながら鑑賞するのが海遊館の特徴。

規模については、広い!というより、まだ奥あるの?という感じでしたね。疲れました…。

 

観光客も多くて混雑していました。クレジット決済にQQの選択があったので中国人の利用が多いのでしょうか(QQは中国で浸透している決済サービスの1つ)。

外見から推測するに中国の方ではないでしょうが(わかりませんが)、床に這いつくばって鑑賞していました。混雑しているのでちょっと迷惑。あと子供が真似しそうなのもね。

 

 

ジンベイザメとエイ。

息子はニモ好きなので、エイを見ると「エイ先生!」と声あげて喜びます。

エイではなくエイセンセイと曲解している気もしますが、面白いのでもうしばらくは訂正せず言わせておこうと思います。

 

 

そしてニモ。

この展示コーナーの奥に、カクレクマノミとナンヨウハギのオブジェが設置されていて、記念撮影できます。でもその組み合わせは問題あるのでは?(笑)あから様すぎて心配。

 

 

大きなカニに驚いたのか、食い入るように長い間観ていました。

 

 

最後の方は、エイとサメを触れるコーナーがありました。

エイはぬるっとしているようで、息子はとても興奮していました。

 

 

特別展示コーナーは変わった魚が集められていました。変顔の魚なんて面白いですよね。

 

 

まとめ

海遊館はよくあるイルカやオットセイのショーがないのは意外でした。それでもゆったりとしたスロープで下りながら中央に配置された水槽を4方から鑑賞出来るのはとても良かったです。

大阪港駅までは乗り換え多かったですが大阪自体は近いと思いました。USJもこの近辺らしいので(海遊館の向かい側でした)そう遠くない時期にそちらも遊び行きたいですね。

次に海遊館来るとしたら、レゴランド・ディスカバリー行った後とか、夜のイルミネーションを観たいと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です