方針転換!


更新間隔がだいぶ空きました。さぼっていたわけではなく、ブログ及びWebサイトの方針について色々考えていました。

明日からは…マーケティングなどを語る場所とします!

 

 

何のためにWordPressを用意したかといえば、仕事に活かすためです。

今のままだと自分語り用Webサイトをわざわざお金かけて構築しているだけですね。

なかなか恥ずかしい展開。

 

 

あとITコーディネータの資格とって商工会に登録はしたものの、全く音沙汰なし。

やっぱり営業活動したり、今までのコネクションがないと仕事はやってこないようです。

多分これって士業のどの資格とっても同じことかと。

難しいね。

 

 

そういうわけで、ここ1ヶ月は営業や集客について色々勉強しました。セミナーとかお金払って…。

 

 

結果、こちらのブログ及びWebサイトはビジネス用にもっと特化します!

何の?

色々考えた結果、基本はマーケティングです。

 

 

ITは補助。

IT自体はこれからも勉強していきますが前面には押し出しません。私はITより『流行りモノ』が好きなので、20年後は違うことを追いかけていると思いますし。

自分よりITの専門家は多くいる中、それでも一般よりは詳しいと思いますから、強みとしては活かす予定です。

 

 

マーケティングなら専門家なのか?

といえばこれまた難しい。

マーケティング何十年も仕事している人とは知識、経験も違って当然ですから。

 

 

でも、1番詳しくないと仕事してはいけない、というわけでもありません。

難易度の高い悩み(グローバル企業とかね)が上位の専門家(有名コンサルファーム)に相談がいくのは自明の理としても、そこと勝負してはいけない。

またITコーディネータや中小企業診断士の土俵もいわゆる中小企業でいう中規模企業(社員50人とか年商10億以上やら)。

そこともまだ戦えない。

私はメジャーリーガーではなく地方リーグの新人にしか過ぎないのですから。

逆にいえば彼らが主戦としていない土俵があります。

支払える報酬の問題や営業活動が及んでいなかったりするエリア。

それはスモールビジネス。

個人事業主や、それこそ学生、主婦など一般層が対象です。

企業という組織になっていない、成長段階を対象にすれば私の知識もかなり生きると。

ようは困った人を解決できれば仕事になり、そして困った人というのは大企業だけでなく世界中、日本国内でも沢山いるのです。

 

 

そしてマーケティングを専門に選んだ理由ですが、やっぱりまだ日本国内においてはマーケティングは浸透していないと思うからです。

ITもマーケティングもツールですが、ITについては効果が見えやすいため導入は進んでいると感じます。

私が企業でマーケティングやっていた経験上から言えば、マーケティングって売上の数字に見えにくいんですよね。影響度合いを測るのが難しく評価もされにくい。

もちろん企業体制・文化にもよりますけどプロモーション戦略をやれば広報と業務がかぶったりと苦い思いもあって、マーケティングを強みとして活動するのは控えようと思っていました。

でも改めて自分の強みを考えたら、数学が得意(全国模試3位とったことあります!1位じゃないのかよ〜〜ってツッコミはなしで)。経営企画や市場分析などマーケティング業務のほとんどは3つの企業で経験したことでした。

 

 

でも私の1番の強みはマーケティングでもなくITでもなく。

新しい環境にすぐ適応できること!

海外在住や八丈島、小笠原諸島で学生していたこと、その後はヒッチハイクとアルバイトで日本を旅していたこと。どこに住むにおいても食、職、人、モノに困らない。

バックパッカーとITは相性が良いため、そういう人はすでにビジネス界でも多くいる中、マーケティングを主体としている人はあまりいないと思いましたのも『売り』かなと。

 

 

そういう諸々を踏まえて、これからは以下を名乗ることとします。

生存戦略コンサルタント

 

 

かってダーウィンは言いました。

「生き残るのは最も強い種ではなく、最も生態系に適応できる種である」と。

 

 

進化でも強くなることでもなく、変化こそが結果的に生存の秘訣なのです。

これはビジネスでも言えることです。

適者生存ならぬ、適社生存です。

 

 

 

変化することにおいては、私の生き方、情熱、知識(マーケティングおよびIT)を十分に活かせますし、変化について困っている人(企業)は多いと思います。

 

このブログおよびWebサイトを通じて変化や生存するためのマーケティングやらを書き綴りますので、参考になったり興味をもった人から仕事を依頼してもらう流れを考えています。

 

 

というわけで今後ともよろしくお願いします。

また、引き続き京都ネタや買ってみたネタも冒頭に挟むとは思います。マーケティングだけでは堅苦しいですからね!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です